LIXILが尻隠す「便器リコール」

主力商品サティスの汚水漏れで1万5千台回収。原因も損失概算も「臭いものに蓋」。

2016年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「『タンクレス便器(2015年度、2016年度モデル)』をご愛用のお客さまへ大切なお知らせ」――。5月6日、住宅設備大手LIXIL(リクシル)グループのウェブサイトにそんな告知がひっそりと載った。同社のトイレの主力商品「サティス」シリーズで、「便器内部から漏水する可能性があることが判明」したため、対象製品を無償で交換するという内容である。だが、どうもおかしい。告知はウェブサイトのトップページに掲示されているが、縦長のページを下の方までスクロールしないと画面に表示されず、文字も小さくて目立たない。また、主力商品のリコールにもかかわらず、一般株主へのIR(投資家向け広報)もマスコミ向けのプレスリリースも出していない。いかにも世間に知られまいとする魂胆が見え見えなのだ。

トイレの床に汚水が流出

告知の中身を読むと、疑念はさらに深まる。メーカーがリコールを発表する場合、不具合の原因、損 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。