JA「拘禁衣」で畜産農家ジリ貧

独禁法にもコストにも無頓着。そんな農協に小泉進次郎と奥原農水省が戦いを挑む。

2016年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

ついにと言うべきか、農林水産省の事務次官に奥原正明経営局長(60)が昇格する。異例の5年間も同局長に在任、農協法改正などに辣腕を振るった改革派が満を持しての登板だ。その後ろ盾は菅義偉官房長官と目されるだけに、農協(JA)グループは戦々恐々である。その前哨戦が5月17日にあった。同省経営局会議室で三重、北海道、茨城の肉用牛生産農家の3人が、JAグループ中核の農林中金や、独立行政法人の農林漁業信用基金、日本政策金融公庫のほか、北海道、岩手、宮城、栃木、宮崎、鹿児島の信用基金協会の担当者の前で、畜産ジリ貧の実情をレクチャーしたのだ。ありきたりの生産者の陳情ではない。奥原が仕掛けた意見交換会である。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に備え、日本の農業を成長産業にしていこうというのに、農家の資金、購買から営農指導まで一括集中管理するJAの総合取引が大きなネッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。