溝手議員会長は更迭へ 参院自民党人事

2016年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

参院選が7月10日に迫る中、自民党内では早くも選挙後の参院の新体制に関心が移りつつある。現在の参院自民党のトップは溝手顕正議員会長。一時は山崎正昭参議院議長の有力後継候補だったが、議長に「昇格」するどころか、無役となり、事実上更迭される見通しだ。溝手氏といえば2月、宮崎謙介元衆院議員の不倫騒動についてコメントを求められ、「うらやましい」と場違いなことを言った挙げ句、後に「参院選の宮崎選挙区のことかと思った」と奇妙な弁明を展開した。失言が目立ち、首相官邸から三行半を突き付けられた。それを象徴するような出来事もあった。各政党の参院トップが出演する6月5日のNHKの討論番組に、溝手氏も出演することが決まっていた。しかし、失言を警戒した官邸の指示で、直前になって別の幹部に出演者がすげ替えられた。代わりに参議院議長に就くのは、現ナンバー2の伊達忠一参院幹事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。