大前研一の「公私混同」経営が訴訟沙汰

2016年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「エグゼクティブ研修所で超プレミアムな時間を」――。そんな売り文句のセミナーが6月初旬、静岡県熱海市で開かれた。主宰者は著名経営コンサルタントの大前研一氏。1泊2日の料金はじつに54万円。企画運営は大前氏が社長を務める東証マザーズ上場企業、ビジネス・ブレークスルー(BBT)。会場となった豪華宿泊施設「せかいえ」も同社が8億円余りを投じ昨年4月に開業したものだ。じつは熱海の施設に先立ち、大前氏やBBTは同県東伊豆町でも同様の計画を進めていた。しかし、そちらは土地を仕込んだものの事実上頓挫。現在、事業パートナーと裁判沙汰にまで発展している。裁判記録などによると、計画が持ち上がったのは2009年頃。事業主体は都内の「ハイダウェイ・ホテル&リゾート・ワールドワイドクリエーターズ」で、相模湾を望む急傾斜地に5棟の温泉宿泊棟などを建設する構想だった。その金主となったの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。