黒幕は「麻薬」「偽札」将軍

疑惑の北朝鮮投資の中核となった英国人事業家の背後に、呉克烈と息子の影。

2016年7月号 GLOBAL [暴かれた平壌コネクション▶▶下]

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮の金やベースメタルなどの鉱山資産を香港やオーストラリアで上場する計画をぶち上げ、荒稼ぎを目論んでいた欧州投資家グループの北朝鮮側の担当者が、軍の実力者で偽ドル札や麻薬取引などに関与したとされる呉克烈(オグクリヨル)大将の家族数人であることが、関連企業の書類や書簡、関係者とのインタビューで明らかになった。パナマの法律事務所モサック・フォンセカから流出した機密書類(パナマ文書)により、投資家グループの中心人物が英国人事業家ケビン・リーチであることは、本誌5、6月号で報じた通り裏付けられている。リーチが投資家に開示した北朝鮮の「提携先」は、武器取引も手がけ国連の制裁対象になった朝鮮資源開発投資公社(NDIC)である。取材では、リーチが平壌に進出したきっかけは、あるオーストラリア人ブローカーのツテだったというが、筆者の情報源はその人物の名前を明 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。