五輪のみか19年ラグビーW杯も「森喜朗禍」

2016年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

日本のラグビー界は、いまだに2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会で日本が南アフリカからもぎ取った奇跡的な勝利に酔っているが、いい加減にしろと言いたくなる。祈りを捧げるようなルーティンで一躍有名人となった五郎丸歩は、売れっ子芸能人をも凌ぐ8本のCMに起用され、トップリーグの観客動員数は一試合平均2千人近くも飛躍的に伸びた。海外の有力チームに移籍(レンタルも含め)する選手も一気に増加。日本チームとして「サンウルブズ」が世界最高峰のラグビーリーグ「スーパーラグビー」に加入するなど、日本がホスト国となる「W杯2019」への階段を順調に上っているかに見える。どっこい、ラグビー界の中枢組織「日本ラグビーフットボール協会」の内実はお粗末そのものなのだ。実は恥さらしの事態が次々と起きている。6月18日、25日に予定されている日本-スコットランド戦を控え、5月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。