「甘利事件」潰した東京地検の「保身」検事正ら

2016年7月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

甘利明衆院議員が大臣辞任に追い込まれた現金授受問題は、東京地検特捜部が甘利氏本人と元秘書2人を不起訴処分とし、その当否が検察審査会で問われることになった。まずは、元秘書は立件すると見られていた捜査が頓挫した事情を明かそう。甘利氏と元秘書2人は2013年5月、千葉県白井市の建設会社「薩摩興業」の総務担当者だった一色武氏から、千葉ニュータウン内の道路整備を巡る補償金交渉に関し、都市再生機構(UR)への口利きを依頼され、同年8月以降、その報酬として計600万円を受け取ったとして、あっせん利得処罰法違反などの罪で告発された。捜査関係者によると、URは12年に補償金約1600万円を支払う契約を薩摩興業と結んだが、金額に不満な一色氏が甘利氏側に口利きを依頼した。URは13年8月、新たな補償金約2億2千万円の支払い契約を締結し、一色氏は甘利氏の元秘書に報酬の500万円を渡した。残 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。