ジャパンディスプレイ断末魔

国費2千億円を投じた「日の丸液晶会社」の資金繰りが綱渡り。その惨状は安倍政権を牛耳る経産省の自業自得。

2016年7月号 BUSINESS [経産省3人組の失敗]

  • はてなブックマークに追加

シャープを台湾のホンハイ(鴻海精密工業)にさらわれ、「日の丸液晶連合」を組む目論見が頓挫したジャパンディスプレイ(JDI)が5月末、早くも300億円の資金ショートに陥った。取引銀行団3行(みずほ、三井住友、三井住友信託)に対し、600億円のコミットメントライン(融資枠)を使う緊急融資を申し入れたが、はねつけられて青くなった。2016年3月期決算でJDIが2期連続の最終赤字となったため、「財務制限条項に引っかかり、コミットメントラインは使えない」と言われたのだ。7月にはJDIの主力納入先であるアップルから前受金が確実に入るので「せめてそれまで、つなぎ融資を」と頭を下げたが、それでも一部銀行は首を縦に振らない。JDIの債務者分類が「破綻懸念先」のため、「運転資金を貸すのも難しい」という理由である。慌てて駆け込んだのはアップル。「前受金の前払い」を頼みこみ、どうにか300 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。