笑える「第三者の厳しい目」

2016年7月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

「舛添ギャグ」満載だった。6月3日に初日を迎えた熱海五郎一座のコメディー公演。さもしい公私混同で笑いものの東京都知事が、散々おちょくられて満場の爆笑ネタになっていた。ウケたのはやはり「いや、それは第三者の厳しい目で」の弁解。5月13日の知事会見で70回以上も口にしただけに、言い逃れの名台詞として今年の流行語大賞に当確だろうか。なにしろ太平洋の彼方では、メジャー通算2963安打と歴代31位に並んだイチロー選手まで、不調脱出の感想を聞かれて「いやいや、それは第三者の厳しい目で見てもらえれば」と終始笑顔でジョークを連発したほどである。だが、笑われたのは知事の化けの皮ばかりではない。今や不祥事に必須の第三者委員会や調査委員会のいかがわしさ。時間稼ぎとウヤムヤに終わらせるため、形だけの調査報告を出すお雇い弁護士たちに誰もがウンザリしている。昨年の東芝の調査委 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。