参院選前に「甘利事件」立件へ

あっせん利得処罰法違反罪の公訴時効は3年。ダブル選挙が遠のき、通常国会閉会後まもなく「お縄」の可能性。

2016年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

自民党の甘利明衆院議員が経済再生・TPP担当大臣辞任に追い込まれた現金授受問題は、7月10日とみられている参院選の投開票前に、東京地検特捜部があっせん利得処罰法違反の罪で、甘利氏の元公設秘書らを立件する見通しが強まってきた。甘利氏本人の立件は難しそうだが、安倍政権には、大きなダメージとなるだろう。現金授受問題は、今年1月21日発売の週刊文春が「千葉県の建設会社が都市再生機構(UR)との道路補償交渉を巡り、甘利事務所に口利きを依頼し、甘利氏本人や公設秘書(当時)らに資金提供や接待を続け、総額は1200万円に上る」などと報じて明るみに出た。同誌には、建設会社の総務担当者と甘利氏のツーショット写真も掲載され、甘利氏本人に虎屋の桐箱入り羊羹と現金50万円を渡した後、公設秘書が撮影したと説明されていた。

URは借りてきた猫

一連の事情を知る関係者によると、建設会社は千葉県白井市の「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。