サミット後「財政出動」へ財投債

国債増発と違って、基礎的財政収支を傷めない裏ワザ。渋るドイツにもお勧めしたい妙案だ。

2016年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三首相は、5月26~27日の伊勢志摩サミットの準備を着々と進めている。特に経済政策では、世界的な緊縮財政の流れを食い止めようとしている。5月の欧州歴訪でも、やはりドイツのアンゲラ・メルケル首相はG7による財政出動の協調に消極的だった。ただ、イタリア、フランス、米国は同調したようだ。メルケル首相とは引き続きサミットまで議論するとしている。安倍首相の準備は昨年からだが、その一つとして3月にポール・クルーグマン米ニューヨーク市立大教授を官邸に呼んで話を聞いた。その際、クルーグマン教授は、①現状の世界経済の弱さ、②先進国間で経済連携が強まっていること、③非伝統的な金融政策の効果が弱まっていること、④金融政策は財政政策の助けを必要としていること、そしてデフレのサイクルからの脱出が最重要目標と語った。

クルーグマンの進言

安倍首相は日本の債務問題を質問した。これに対し、クル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。