「臭いものに蓋」AppBank上場

横領した元取締役が明かす「上場先にありき」だったトーマツ、野村、JPXの出来レース。

2016年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

元取締役による横領が発覚し、カネが反社会的勢力に流れた疑いが浮上しているAppBankとその周辺から何やら臭気が漂う。事件の始まりは、AppBankで当時の経理担当者(退職)が費用を過大計上したことだった。決算期をまたいでしまい、過去の決算を修正しにくいと判断したこの元取締役は「未払い金として資金を流出させて会社に還流させよう」と、2013年3月から「知人らの銀行口座にカネを振り込み始めた」という。ところが小指のない男が現れ、元取締役の過去をネタに恐喝された。本誌は元取締役が会社向けに作成した上申書を入手、横領したカネを脅し取られる経緯を本人にも直接聞いた。14年1月ごろ、元取締役が帰宅途中に新宿の街を歩いていると、ノーネクタイでスーツ姿の男が背後から「〇〇さんだよね」。その人物に見覚えはなかったが「背後から私にしか聞こえないくらいの声でぼそぼそと話し始めた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。