「親バカ」鈴木敏文の末路

息子可愛さで目が曇り「左遷人事」を乱発。カリスマの「負の遺産」は重く、新体制の船出は容易でない。

2016年6月号 BUSINESS [晩節汚したカリスマ]

  • はてなブックマークに追加

創業家とカリスマ経営者の内紛のようにも見えるセブン&アイ・グループを巡る騒動︱︱。だが、その本質は違う。鈴木敏文会長(83、5月26日の株主総会までに退任予定)が、子息の鈴木康弘セブン&アイ・ホールディングス(HD)取締役(51)を異常に重用、抜擢。ここ数年、「このままではセブン-イレブンがおかしくなる」と、幹部の間に危機感が広がっていた。康弘氏は、何の実績もないのに、カリスマ敏文会長の威光を振りかざし、都合が悪くなると、同じ敷地に住む父親に告げ口をする。敏文会長は「世襲など考えたこともない」と退任会見で嘯(うそぶ)いたが、真に受けるセブン&アイの幹部は一人もいなかった。敏文会長がセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)を更迭しようとし、その人事案が取締役会で否決されたことで騒動は燃え上がったが、半年以上前からグループ内に不安と危機感が充満 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。