フィンテック業界「分裂騒動」の内幕

ブロックチェーンを巡る主導権争いで、真っ二つの対立構造に。怪しい面々の影も。

2016年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

人工知能、自動運転などと並ぶITの最新トレンドとして、世界中の金融関係者から注目を浴びるフィンテック。関連企業の資金調達額は2015年、世界で222億ドル(日本は140億円)に上り、我先にとカネが注ぎ込まれている。しかし、カネの集まるところに争いは起きる。日本のフィンテック業界では、早くも醜い“内ゲバ”が始まった。火種の舞台となっているのは「ブロックチェーン」と呼ばれる、フィンテックの中核技術を巡る主導権争いだ。ブロックチェーンは分散型台帳システムと呼ばれ、金融取引に関するデータを特定の金融機関内で管理するのではなく、通信し合う複数のサーバーで管理する仕組みのことだ。仮想通貨「ビットコイン」を支える技術としても知られ、08年の運用開始以来一度も改竄やサービス停止がないことから、電子契約や認証システムなどにも応用可能と期待されている。4月末に経済産業省が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。