子宮頸がんワクチン「被害者の叫び」を聞け

2016年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン」(通称・子宮頸がんワクチン)の副作用に悩む女性たちが悲痛な思いをふり絞った。3月30日、東京・新橋の航空会館で「HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団」が、副作用被害を訴える高校・大学生4人と共に発足の記者会見を開き、6月以降に、国および英グラクソ・スミスクライン(GSK)の日本法人、米メルクの子会社MSDに対し、損害賠償を求めて集団提訴することを明らかにした。請求金額は一人1500万円を基準に被害の度合いに応じて調整する。弁護団は約150人で、薬害エイズなどに並ぶ大規模な訴訟となる。3月30日時点で原告団参加を表明しているのは高校・大学生ら12人。今後、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」(松藤美香代表、被害者約500人)と連携して原告団への参加を募り、東京、名古屋、大阪、福岡の4地裁に提訴する。子宮頸がんは国内で年に約1万人が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。