日経「FT買収」の無残な財務

のれん代1556億円の衝撃。大枚はたいた花嫁は痩せっぽち。政権に身売り同然で借りた大金をどう返す。

2016年5月号 BUSINESS [高値すぎた花嫁]

  • はてなブックマークに追加

まともな株主なら背筋が凍ったはずだ。昨年、英フィナンシャルタイムズ(FT)紙を買収した日本経済新聞社の連結貸借対照表(BS)に出現した「のれん代」。思わず目を剝くような数字だった。3月29日午前11時、東京・大手町の日経ホールで開かれた日経の株主総会。議案は剰余金処分や定款変更、役員の選任などごく当たり前の6項目で、組合からいかにもぬる~い質問が出たが、最大の関心事はFT買収による「のれん代」が、なんと155
5億6400万円に達したことだろう。EDINETでも入手できる前期(15年12月期)事業報告によると、FTの取得原価1663億円に加え、アドバイザー費用などを合わせると1686億円の出費が発生したのに対し、FTの純資産は157億円。つまり10倍以上の“高値づかみ”で、差額がのれん代として計上されたのだ。これは日経の連結自己資本の55%に達し、純資産との対比でも51%になる。注記には、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。