「日大のドン」田中と亀井静香

亀ちゃんが肩入れした危機管理学部は、高級官僚の「天下りの巣」。祝賀会でドンの隣に元警察庁長官が座る危うさ。

2016年5月号 POLITICS [特別取材班「追跡13弾」]

  • はてなブックマークに追加

桜花が舞う空の下、「日大のドン」こと田中英壽(ひでとし)(69)理事長は得意満面だった。4月2日土曜日の午前11時。東京世田谷区の「三軒茶屋キャンパス」に新設された「危機管理学部」と「スポーツ科学部」の開校式が催された。教室、プール、体操場、柔・剣道場、相撲場を備える1号館の3階アリーナ(体育館)の壇上には、大塚吉兵衛学長ら大学役員が居並び、「ドン」の開校の辞の後、遠藤利明五輪担当相が祝辞を述べた。遠藤大臣の隣には大学理事を務める鴨下一郎衆院議員(元環境相、日大医学部卒)が座り、後列には野田健・元警視総監ら警察庁、法務省、防衛省、国土交通省の元高級官僚らが並び、「日本初の危機管理学部」(福田弥夫学部長)と、霞が関の「蜜月」をアピールする光景だった。本誌特別取材班が「日大の闇」に切り込んだのは4年前。第1弾の「日大理事長『田中』と裏社会」(12年2月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。