マイナス金利で「不動産バブル」

不動産の高値取引が勢いづいてきた。行き場を失ったカネが流れこみ、今や発火点寸前。

2016年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

さる2月、東京・銀座で坪2億円を超える商業ビル売買が成立した。公示地価の実に2倍近い価格で、坪単価では過去最高記録である。買い手は日本リテールファンド投資法人。東証に上場しているJ−REIT(不動産投資信託)だ。130億円を投じて取得した「Gビル銀座中央通り01」の想定利回りは2.8%。J−REIT53銘柄の平均分配金(配当)利回りが約3.3%だから、この物件に限れば逆ざやだろう。明らかに将来の物件価格・賃料上昇を当て込んだ高値買いだ。同じ2月、やはりJ−REITのGLP投資法人が野村證券と金利スワップ契約を締結。53億円の借入金について、実質金利を▲0.009%に固定した。J−REIT史上初のマイナス金利調達であり、不動産取引でお金を借りて金利を受け取るという椿事である。3月にはヒューリックリート投資法人が301億円の増資を実施。ほとんどのJ−REITが増資、銀行借り入れによる規模拡大の機会をう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。