「肩書コレクター」西室の負の遺産

実兄の説得でようやく日本郵政社長を降板。だが、その妄執が歪めた東芝に今も暗い影。

2016年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

高級ホテルを思わせる慶応病院の特別室。日本郵政社長だった西室泰三(80)はそのベッドに身を横たえている。傍らに座る高齢の人物が、西室に言葉を投げかけていた。「もう潮時じゃないか。後の人に任せる時なんだよ……」 西室は2月8日に極秘裏に入院した。体調不安から再起不能との噂が流れるなか、頑として日本郵政社長の椅子を手放そうとはしなかった。それが急転直下、自ら辞意を官邸に伝える。西室を説得したのは、西室と3歳違いの実兄、元月島機械会長、黒板行二だった。実兄の説得に西室の目尻にはうっすらと涙が滲んだ。思えば、およそ1年前、西室は絶頂の時を迎えていた。2015年4月30日、日本郵政グループ3社同時の株式公開を前に、西室はロードショー(投資家への説明会)最大の見せ場、ニューヨークにいた。「米国が第二の故郷」という西室にとっては、その人脈を世界に見せ付けるには格好な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。