有料老人ホーム前払金「濡れ手で粟」が訴訟

東京都が認めない「初期償却」を続ける不適合施設の3分の1は業界最大手のベネッセ。裁判所はどう見る。

2016年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

適格消費者団体の「全国消費生活相談員協会」が3月14日、有料老人ホームを運営する東急不動産を相手取り、東京地裁に訴訟を起こした。入居金(前払金)の「初期償却」を止めるよう求める内容だ。入居時に一括払いした入居金のうち、退去しても返還されない部分が初期償却。東急不動産は運営する「グランクレール藤が丘」(横浜市)の契約書で初期償却を定めており、同協会はこれが消費者契約法10条に違反すると主張している。初期償却を巡っては、以前から入居者やその家族からの苦情が絶えない。初期償却率は施設によって異なるが、入居金の15~30%ほどが一般的といわれる。例えば、償却率が20%の施設に入居金2千万円を支払って入居すると、半年後に亡くなった場合でも400万円は戻って来ない。ほかに毎月の月額利用料も払っているのに、大金が戻らないのでは理不尽と憤る人が現れるのも当然だ。早期 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。