パナマ文書巡る駆け引き「日本は蚊帳の外」

2016年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2.6テラバイトのデータ、「パナマ文書」が世界を揺るがしている。米東部時間4月3日、文書に関する記事がウェブに公開された直後、CIA(米中央情報局)のエドワード・スノーデン元職員は自身のツイッターで「史上最大のリークだ」とつぶやいた。タックスヘイブン(租税回避地)に関する莫大なデータは、米国の大規模な通信傍受を告発したスノーデン氏さえも驚愕する内容だ。各国の有力者の「隠し資産」が顕わにされ、アイスランドのグンロイグソン首相は辞任に追い込まれた。ワシントンやロンドンでは各国外交官が情報収集に走っており、その一人は「アラブの春のような混乱が誘発されれば、死人が出る可能性がある」と語る。「パナマ文書」とは、中米パナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した1150万件に及ぶ資料だ。契約書類や通信記録、パスポートの写しを含み、200カ国・地域、21 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。