トヨタ章男社長「そろり財界離れ」

五輪組織委から脱出。安倍べったり榊原には賃上げ抑制で距離。6年後は会長職への興味をさらに失っているかも。

2016年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3兆円に迫る利益をたたき出すトヨタ自動車の社長、豊田章男(59)。日本の産業界を代表する経営者となり、経団連会長・榊原定征(73)の有力後継候補としてみられていたが、ここにきて怪しくなってきた。経団連副会長も経験した財界長老は「章男さんの次期会長はないだろう」と言う。また別の財界事情通も「章男さんの評判は少し悪くなった」と指摘する。そのきっかけは昨年12月に章男が2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会副会長を突然、辞任したこと。章男は組織委員会副会長とともに経団連のオリンピック・パラリンピック等推進委員長と、経済3団体でつくるオリンピック・パラリンピック等経済界協議会会長を務める。「経済界が五輪に要望する立場と、要望を受ける立場の組織委の兼任は利益相反になりかねず、好ましくない」というのが辞任の理由だった。この理由についても「組織委の副会長に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。