アンドリュー・グローブ氏

誇大妄想狂だけが生き残る

2016年5月号 連載 [ひとつの人生]

  • はてなブックマークに追加

アンドリュー・グローブはハンガリーで生まれ育ったユダヤ人である。インテル創業者のゴードン・ムーアに請われて3人目の社員となり、90年代には同社を世界最強の半導体メーカーに育て上げた。1956年のハンガリー動乱をきっかけとしてアメリカに亡命。入国時に危うく強制送還されそうになり、その原体験から外国を訪れる際には非常用食品を常にカバンにしのばせていたという。入国できないかもしれないという恐怖を和らげる“お守り”だったのだろう。故国を捨てアメリカの土になるという熾烈な覚悟がインテル6万人の社員を動かした。“Only the Paranoid Survive”(誇大妄想狂だけが生き残る)が口癖であり、経営哲学の真髄だった。研究開発、生産、マーケティングに至るまで細かく目を配り、部下の机を飛び回ってはポストイットに認(したた)めたメモを貼りつけまくる。「アンディの紙爆弾」と恐れられ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。