中国が「外貨準備」流用で大穴

ピークから80兆円余も急減。海外資源漁りや国内株買い支えで焦げ付く「ブラックボックス」。

2016年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月4日、「忠実なる共産党員」を名乗る人物が、新疆ウイグルのサイト「無界新聞」に公開書簡を寄せた。何と習近平国家主席に対する「辞任勧告」である。3月5日から全国人民代表大会(全人代)を控えた時期とあって、中国当局は直ちに削除したが、コピーは一瀉千里、中国は蜂の巣をつついたような騒ぎとなった(68~69ページ参照)。無界新聞は自治区政府とアリババが共同設立した政府系メディア。そこに習近平“独裁”批判の檄文が載ったことに、溜飲を下げた中国人も多かったろう。興味深いのは、政権の失政の一つに外貨準備(外準)の流用と焦げ付きを挙げている点だ。中国の外準残高は2016年3月末現在、3.21兆ドル。前月比では5カ月ぶりに微増に転じたが、過去最高だった14年6月末の3.99兆ドルに比べると、7800億ドル(80兆円余り)も減っている。中国の企業や経営者、資産家、共産党幹部などが、海外 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。