スマホゲーム「射幸」煽れば法規制

今度はサイバーエージェント子会社が炎上し、LINEも立ち入り。警察など介入の口実に。

2016年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

またしてもソーシャルゲーム業界が揺れている。景品表示法のカード合わせに抵触するとして、消費者庁でコンプガチャ規制が始まったのが2012年7月。その後、主流の端末がガラケーからスマートフォンになっても変わらず、ひたすら射幸心を煽る高額課金体質は続いていたようだ。そこに年末年始からの「グラブル騒動」が火に油を注ぎ、法規制の論議が一気に火を噴いた。グラブル騒動とは何か。震源地は、サイバーエージェント(CA)子会社サイゲームスだ。同社が提供するスマホゲーム「グランブルーファンタジー」は、年末年始にかけ大規模な広告宣伝を実施。同時に、「ガチャ(電子くじ)」を引けば期間限定で特定キャラクターの出現率がアップするというイベントを開催し、ユーザーが殺到した。ところが当該キャラクターが「全く出現しないじゃないか」と、年明けにユーザーからクレームが巻き起こる。1月 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。