麻生派と山東派が合併協議 参院議長就任がハードル

2016年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

自民党の派閥がかつての影響力を失って久しい。そんな中、水面下では派閥の勢力拡大に向けて、M&Aを目指す機運が高まっている。昨年11月には麻生派と山東派がトップ会談を行い、合併協議に入った。実現すれば党内第3派閥となる。安倍晋三首相も盟友・麻生太郎財務相(75)の陣営拡大に向け、協議を後押ししているという。しかし、山東派が山東昭子元参院副議長(73)の参院議長就任を合併条件に掲げていることなどがハードルとなり、話し合いはうまく進んでいない。山東派との交渉に手を焼く麻生派には、二階派が水面下で秋波を送っているという。両派には麻生氏、二階俊博総務会長(77)という、それぞれの領袖の引退時期が迫っているという共通点がある。将来の世代交代を見越した動きだが、実現すれば最大派閥の細田派に次ぐ規模となり、勢力図は大きく変化する。一方、党内第2、第3の勢力を持つ額 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。