「TPPの経済効果」にタイや韓国が大慌て

2016年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日米を始めとする12カ国政府は2月にニュージーランドで環太平洋経済連携協定(TPP)に署名した。今後はTPPの速やかな発効を目指し、各国内の反対派の説得を急ぐ。焦点となるのは経済効果の分析だ。TPPを担当する石原伸晃・経済再生相の迷言にならうなら「最後は金目(カネ目当て)でしょ」――。各国政府は「経済活性化に繋がる」データを示し、財政支援策を絡めながら、国内の同意を得ようと懸命だ。しかし「貿易自由化=雇用減少」の負のイメージを拭うのは容易ではない。12カ国が拠り所とするデータは、国際機関や日米欧政府が参加する「国際貿易分析プロジェクト(GTAP)」に基づく統計分析モデルだ。世界銀行はGTAPを利用して「TPP発効により12カ国の実質GDP(国内総生産)は、TPPが存在しない場合と比べ、平均1.1%増加する」と分析した。最大の効果を発揮するのは、衣類などの輸出増が見込めるベト ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。