FIFAが選んだ「第二ブラッター」

本命のバーレーン王族サルマンが敗退。新会長の出身は前任の故郷の近所。お里が知れる。

2016年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

2月26日午後6時1分(中央ヨーロッパ時間=CET)、アジア・サッカー界の夢が消えた。国際サッカー連盟(FIFA)は、臨時総会で2度の非公開投票の結果、ヨーロッパ・サッカー連盟(UEFA)事務局長のジャンニ・インファンティーノ(45)を次期会長に選出したのだ。FIFA全体を覆う汚職に絡んだ容疑で退任に追い込まれたヨーゼフ・ブラッター前会長(愛称ゼップ)の後任を選ぶ今回の選挙では、111年に及ぶFIFAの歴史で初めて、アジアから会長が選出されるという下馬評が高かった。本命視されていたのは、バーレーン出身でアジア・サッカー連盟(AFC)会長のサルマン・ビン・イブラヒム・アル・ハリファ(50)だった。側近らも選挙の前日には絶対の自信を持っていたが、蓋を開けてみたら結果は違った。イタリア系スイス人で弁護士の資格をもつインファンティーノは、二度目の投票で115票を獲得したのに対し、サ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。