ドイツ銀行が震える「爆弾」

リーマン破綻から8年、続けた黒字に疑問符がついた。CoCo債の「毒饅頭」で自己資本を積み増した咎め。

2016年4月号 BUSINESS [最優良バンクの仮面]

  • はてなブックマークに追加

欧州の、いや、世界の金融市場を「幽霊」が徘徊している。かつて最優良銀行の代名詞だったドイツ銀行が、今や債券利払いを滞らせかねないというリスクだ。上海の20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、ひとまず危機連鎖に歯止めを打とうとしたが、厄介な巨大爆弾に変わりはない。「王様は裸だ」。アンデルセンの童話に出てくる少年のように、欧州のクレジット・アナリストがドイツ銀を指さした。クレジットサイツ社のアナリスト、サイモン・アダムソンである。2月8日の顧客向けリポートで、ドイツ銀に関し「2016年の利払いは心配していない。しかし17年にはそれほど確信が持てない」と記したのだ。この指摘が「不安の堤防」を決壊させた。アダムソンはただのアナリストではない。1996年から2003年までドイツ銀でマネージングディレクターを務め、欧州の高利回り債調査部門トップと欧州の銀行を分析 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。