大阪市がえげつない「住民税課税強化」

2016年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「警告 差押予告書に記載する期限までに納付されない場合は、勤務先への照会文書送付又は差押えに着手します」ピンク色のその紙は1月下旬、大阪市梅田市税事務所から送られてきた。請求額は11月上旬が支払期限だった第3期分の6500円。1月時点では期限が来ていなかった第4期分の5千円と合わせ、合計1万1500円の住民税を支払えというのだ。サラリーマンだから住民税は給料から天引きされている。前年の課税所得の10%が月割りで大阪府・市から徴収されている。所得税の確定申告が必要な、20万円を超す副収入もなかったから、申告漏れはない。念のため総務省に確認すると、担当者は「20万円以下の副収入について、市町村が住民税を徴収しているというのは聞いたことがない」。であれば大阪市の勘違いか嫌がらせだろう、と思って放置していたら冒頭の「脅し」になった。あわてて梅田市税事務所に問い合わせ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。