遺産相続で預金激減「この地銀が危ない」

遺産相続で大都市圏に預金が流出する。地銀にとっては甚大な打撃となり、ドミノ倒しのような広域再編に拍車がかかることは必定だ。危ない地銀を浮き彫りにする。

2016年4月号 BUSINESS [秒読みに入った淘汰再編]

  • はてなブックマークに追加

地銀にとって恐怖の大津波が押し寄せようとしている。「遺産相続」だ。かねてより「人口減少」による経営基盤脆弱化が取り沙汰されてきたが、それは直ちに預金減少には結びつかない。家計資産は遺産として相続されるからである。ところが、遺産を残す親が地方、それを受け継ぐ子が大都市圏にいる場合、家計資産は地方から大都市圏に流出する。相続に伴う地銀の預金減少は避けられない。具体的な数字で説明しよう。1960年代後半から80年代前半にかけて、地方から大都市圏(首都圏・関西圏)に約2千万人の若者がなだれこんだ。今、彼ら彼女らは40代後半~60代後半となり、これから相続を迎える。上の表を見れば、家計金融資産シフトは一目瞭然だ。三井住友信託銀行の試算によれば、資産が流入超となるのは首都圏、関西圏だけで、他のすべての地方は純減となる。四国は4.4兆円流出するが、これは四国4県の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。