小金井カントリー「草刈理事長」で内紛再燃

2016年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

いい年をして品格を忘れた、と本誌昨年6月号にその見苦しい内紛を暴露されたゴルフクラブの名門「小金井カントリー倶楽部」が、今年も3月総会で大荒れになりそうな気配だ。昨年は怪文書が出回り、反執行部グループが次々に批判を展開、総会が流会となって、クラブ理事長と株式会社代表を兼ねる坂本正元氏(元富士ゼロックス社長)が3月末に辞任してしまった。反乱派の一角の医師グループが、理事長選に同郷の経団連元会長をかつぎだす動きもみせたため、クラブ二分の危機に瀕したのである。理事会多数派は反乱軍の候補乱立に乗じ、日本郵船元会長の草刈隆郎氏をひとまず理事長代行にかつぎ、クラブ運営に十分時間をかける余裕ができる16年4月から正式に理事長に就任するという案で収めた。三菱財閥の原点と言える日本郵船の元トップなら「格も申し分ない」という判断で、この3月まで「試運転」してもら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。