原子力機構のワルが「除染新技術」妨害

除染事業で焼け太る原子力ムラ。新参者を受け入れず、身内の共存共栄を図るムラの掟は変わらない。

2016年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

福島第一原発事故から5年が経っても「浜通り」の放射線量は下がらず、10万人もの避難住民の古里帰還は進まない。1月30日、福島市で開かれた除染アドバイザーの意見交換会(公開)に登壇したNPO法人「放射線安全フォーラム」の多田順一郎理事(伊達市の除染アドバイザー)から、こんな「暴言」が飛び出した。「除染の効果に夢を与えすぎたようだ。実験室のようにはいかない。『もう元通りにはならない』と言いそびれてしまった」すると傍聴席から「あなたたちのせいで除染が進まないんだ。アドバイザーなんて辞めろ」と怒声が飛び、拍手がわき起こった。会場は騒然となり、報告会は一時中断してしまう。実験室のように除染が進まない理由はいくつか考えられるが、その一つは、外部の知見やノウハウを排除しがちな「原子力ムラ」の閉鎖体質にある。今年になって、除染技術開発の現場を仕切る人物が被告席 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。