日韓「弥勒菩薩」三体が一堂でご対面

中宮寺の半跏思惟像が、1300年を隔てて微笑比べ。従軍慰安婦交渉の裏で進められた「関係修復の象徴」。

2016年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

本誌は反韓・嫌韓派でもなければ、親韓・媚韓派でもない。ただ歴史的地理的、また経済的政治的に、半島が日本の隣国である現実は免れられないと考える。ヒューマニズムからではない。リアリズムである。ことさらな贖罪も糾弾も、その現実を見る目を曇らせる。それゆえ、あえてこのタイミングでスクープを載せよう。日韓両国政府は国交正常化50周年記念事業の目玉として、奈良・中宮寺の木造弥勒菩薩像と、韓国国立中央博物館の金銅弥勒菩薩像二体(いずれも国宝)を5~7月にソウルと東京で共同展示する。春の桜のシーズンが一時検討されたが、日本は統一地方選挙などが重なることもあり、韓国も5月の文化の日の25日に重ねたいと希望したため、5月23日から6月12日まではソウルの中央博物館、6月21日から7月10日まで東京・上野の国立博物館で展示される。主催は双方の博物館とNHK、韓国のKBS、後援は両国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。