中国が後押し「ラガルドIMF専務理事」続投

2016年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

大統領選を控えた米国、参院選を控えた日本と同様、国際金融界も「選挙待ち」の状態だ。国際通貨基金(IMF)はクリスティーヌ・ラガルド専務理事が7月に5年の任期を終えるため、次期トップの人選を進めている。とはいえ、ラガルド氏の他に有力候補はいない。欧州諸国に加え、中国がいち早くラガルド氏を推しており、IMF理事会は3月初旬に再任を正式に決めるはずだ。かくして、欧州勢と中国がIMFのキングメーカーの地位を確保する。ラガルド氏は1956年生まれのパリジェンヌ。10代の頃はシンクロナイズドスイミングの仏代表チームに所属し、後に法曹の道に進んだ。米系国際法律事務所ベーカー・マッケンジーの会長を経て07年に仏財務相に就任。11年に性的暴行容疑で辞任したストロスカーン前IMF専務理事の後任に選ばれ、欧州債務危機対応などで陣頭指揮を執ってきた。日本での知名度は高くないが、「国際 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。