甘利をはめた産廃「仕事師」

右翼に同和に暴力団と、使えるものは何でも。大物政治家と秘書を籠絡し、URから移転補償をせしめた凄腕。

2016年3月号 DEEP [口利き疑惑の暗部]

  • はてなブックマークに追加

建設中の千葉ニュータウン北環状線が途切れた先では、鉄骨が組まれ「産業廃棄物の山」の切り崩し作業が行われていた。不法投棄された産廃は約9万トン。千葉県企業庁から委託を受けた都市再生機構(UR)が、そのうちの一部約3万トンを、約30億円をかけて撤去作業をしている。ここが「甘利明スキャンダル」の現場である。建設会社「薩摩興業」の事務所兼資材置き場が設置されており、移転補償費を求め、薩摩興業の総務担当者である一色武(62)が甘利事務所に陳情。甘利明・前経済再生相と秘書に献金攻勢をかけた。一色は、週刊文春を皮切りにマスコミ取材に応じ、「口利き」を期待しての贈賄工作であったことを認めており、領収書類やメモ、秘密録音などの証拠も存在することから、政治資金規正法違反、あっせん利得処罰法違反、横領などの犯罪に発展するのは必至だ。すでに刑事告発を見越して、東京地検 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。