国際柔道連盟「キナ臭い帝王」

ここもスポーツ利権の火薬庫。五輪の聖域を侵犯しかけて四面楚歌だが、家元の日本を手駒に失地回復を図る。

2016年3月号 GLOBAL [バッハIOCと衝突]

  • はてなブックマークに追加

FIFA(国際サッカー連盟)、IAAF(国際陸上競技連盟)に続き、第三のスポーツ・スキャンダルが炸裂するか――。8月5日の開催日が刻一刻と近づいているブラジルのリオ五輪。競技施設建設の遅れにIOC(国際オリンピック委員会)はハラハラしているようだが、日本の五輪関係者、とりわけ柔道関係者は別の意味で固唾をのんで見守っている。IOC会長トーマス・バッハと、日本から理事を2人送り込んでいる国際柔道連盟(IJF)会長マリウス・ビゼールとの対立が決定的で、関係修復は到底不可能と見られているからだ。柔道の国際的な地位についてはIOCも尊重しているから、競技自体がとりやめになるような事態はなさそうだが、巨額の放映権料、広告収入などが絡む競技だけに、金銭スキャンダルが噴きだすような事態なども十分に考えられる。

バッハ改革案を批判して孤立

ビゼールは88年にルーマニアから亡命、カジノビジネスや葉巻の輸入など ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。