郵政3社も公開価格割れ!無残IPO失格「73社」

約8割が「初値割れ」。社数ばかり増えても新興市場の信頼性回復には程遠い。

2016年3月号 BUSINESS [ 「上場ゴール」だらけ市場]

  • はてなブックマークに追加

日本郵政グループ3社の親子同時上場などで活気づいた新規公開株(IPO)。グラフを見れば一目瞭然だが、リーマン・ショックによる激減から立ち直り、新規公開会社数は着実に増え続けている。2015年は92社を数え、14年に比べて15社増えた。「今年は100社の大台を超えるだろう」と大手証券関係者は口を揃える。しかし、その内実はお寒い限りである。15年におけるIPO銘柄の騰落率を調査した結果、何と92社のうち73社、実に8割が初値割れしていることが判明した(2月5日終値)。鳴り物入りで上場を果たした日本郵政、ゆうちょ銀行も揃って初値を割っている。ゆうちょ銀行に関しては公開価格すら下回っており、上場来の株主はすべて含み損を抱えている有り様なのだ。下のランキングを御覧じろ。4社に1社が初値の半分以下に下がってしまった。株式上場(もしくは初値がついた日)以来、一度も株価が上がらない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。