アラムコ「4兆ドル上場」の慈雨

マッキンゼー報告にヒント得たサウジ版サッチャリズムの原資。ウォール街は欣喜雀躍するが。

2016年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

正月明け、米ウォール街が欣喜雀躍した。「サウジアラビアが国営石油会社アラムコの株式公開を検討」と報じられたのだ。英エコノミスト誌新年号のスクープで、サウジのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子がインタビューに応じ「今後数カ月で(アラムコ上場が)決定される可能性が高い」と述べた。30歳のムハンマド副皇太子は、昨年初めに即位したサルマン国王の息子で、王位継承順位は第2位。国防相とアラムコを管轄する経済開発評議会議長を兼任する。こんな実力者が「私としてはこの取り組みに強い意欲を持っている」と語ったから、世界的なニュースとなった。その1週間後、アラムコのハリド・ファリフ会長が、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙とのインタビューに登場し、「本体の上場には上流部門が含まれる」とムハンマド副皇太子の発言を裏付けた。バンカーらが喜ぶ理由は、ずばりカネである ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。