NHK技術陣「堕落」の元凶

魚は頭から腐る。子会社の不正は、天下りの歴代幹部が総務省と癒着してきたからだ。籾井会長と同罪の保身。

2016年3月号 BUSINESS [虚構の4K・8K放送]

  • はてなブックマークに追加

「『なれあい』ということばは、私が特に主張して使いました。要するに緊張感がないということです。実をいうと、使った言葉はArm’s Lengthにしなければいけないということでしたが、横文字なので……」「平成20年の『内部統制関係議決』があっても守られていない。最終的には支払伝票さえきちんと押さえればよい。もう言葉でいっても誰も聞いてくれない。私はその具体性が大事だと思っています」そぞろ哀れを催す。1月12日、NHK経営委員会で、12月に発覚した子会社、NHKアイテック社員2人による架空発注事件と、同九州支社で新たに発覚した約500万円の不正支出の調査結果を報告した籾井勝人会長の発言である。会長自らも放送センター近くの約千坪の土地を子会社9社に購入させようとして断念に追い込まれた後だけに、四面楚歌の無念さがにじむ。だが、調査中を理由に、責任問題には一切触れず。調査完了の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。