手詰まりiPhone「5e」は退化

新味のない6sの人気が剝げ、時価総額世界一から陥落。2世代前の焼き直しで延命策。

2016年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日銀の「マイナス金利」の株価押し上げ効果も薄れ、経済政策の手詰まり感のみが漂う日本経済。“手詰まり”という意味ではアップルも同じだろう。これまでは新型を出すたびに前モデルの販売数を大きく更新し、アップル成長の原動力だったiPhoneに暗い影が差している。昨年9月に発売された最新機種の6sシリーズは、発売後3日で1300万台を販売、前モデルの6シリーズの1千万台の記録を大きく塗り替えた。ただし、それはアップル信者が叩き出した瞬間最大風速だ。10月には、米証券アナリストが、チップメーカー側の情報をもとに6sシリーズの部品発注を15%減らすだろうと分析。その後も一部製造ラインが閉鎖されたり、iPhone最大の製造業者である台湾の鴻海(ホンハイ)科技集団(フォックスコン)が例年より早めの年末休暇に入るといったニュースが報じられ、販売の不調を印象づける情報が躍った。

部品の株価も巻き添え

トドメ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。