「へたれ朝日」がモノマネ経営

言論からビジネスに軸足を移す業態転換。ジャーナリズムを蔑ろにしてカネ儲けに走る大新聞に、読者がついてくるか。

2016年3月号 BUSINESS [藁にも縋る渡辺社長]

  • はてなブックマークに追加

全国紙の中で部数の落ち込みが最も激しい朝日新聞は1月4日、再生に向け、今後5年間の新中期経営計画を社員に示した。企業理念として「ともに考え、ともにつくる~みなさまの豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業へ」を掲げ、不動産事業などを柱に増収を図り2020年度までに売上高を2700億円から3千億円に拡大し、読売新聞との部数差を縮め、18年度までに新聞広告収入1位の座を奪還するとぶち上げた。しかし、「稼ぎ」の具体策は乏しく、総額100億円規模の賃下げや65歳までの定年延長など「後ろ向き」の施策が目立つ。「総合メディア企業を目指すとは聞こえがいいが、深刻な経営状況を受け、言論からカネ儲けに比重を移す、空疎で気恥ずかしいスローガンだ」(元編集委員)14年夏の「慰安婦誤報」以降、部数はガタ減り、特に販売局と販売店に未曾有のダメージを与えた。「社内では今も『販売は犠牲者』と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。