全国の市町村長に衝撃「国立市逆転判決」

2016年2月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

国立市の佐藤一夫市長が元市長の上原公子氏(元生活者ネットワーク代表)を狙い撃ちにした、注目のスラップ訴訟の高等裁判所判決(小林昭彦裁判長)が、昨年12月22日に下された。傍聴席は上原元市長を支持する国立市民らで埋め尽くされたが、高裁は一審判決を覆し佐藤市長側に軍配を上げた。判決主文の趣旨は、「元市長が勝訴した原判決を取り消す。元市長は、国立市が求めた賠償金全額と遅延金を合わせた約4300万円を支払え」というもの。弁護団も驚く予想外の判決となった。今回の訴訟は、そもそも国立市での高層マンション建設に端を発する。1999年、上原氏が市長に就任した当時、大学通りに14階建て高さ44mの建設計画が浮上。2000年に建物の高さを20mに制限する地区計画条例が制定され、それをめぐって、翌年マンション業者が国立市に4億円を請求する裁判を起こした。高裁で営業妨害の一部が認めら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。