ブラジル「大統領弾劾」の土俵際

8月にリオ五輪なのに、経済も政治も真っ暗。与党の連立相手の汚職疑惑がはね返った。

2016年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「2017年、おめでとう」新年を迎えたサンパウロの経済界では、こんな皮肉な冗談めいた挨拶が交わされている。16年の見通しがあまりに暗いため、多くの人々は1年飛ばして17年を祝っているのだ。中南米最大の経済規模を誇るブラジルは2000年代に入ってから何度も経済危機を経験したが、今回ほど政治的にも経済的にも方向感を見失ったことはなかった。8月のリオ五輪開催を控えて、本来ならお祭り気分が溢れているところだが、新興国第2位の地位にあるブラジル経済は、景気後退の2年目に突入する。国民はもろもろの悪材料――大統領の弾劾手続きや複数の大物議員の汚職容疑での起訴、迫り来る財政危機にも身構えている。00年代初頭の経済危機は、隣国アルゼンチンを含む新興国危機や左派労働党(PT)のルイス・ルーラ・ダ・シルバが大統領選に勝利する観測が強まり、海外投資家の懸念が強まるなどの外部要因が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。