「娯楽ドローン」を登録規制!日本も米国型を導入すべき

2016年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

米連邦航空局(FAA)は2月から娯楽目的の小型無人機「ドローン」利用者に登録を義務付ける。FAA高官は「航空ルールを知らない利用者が増えており情報提供が必要」と説明しているが、航空関係者は「テロ対策の一面がある」と口を揃える。登録対象となるのは、機体重量が約250グラム~約25キロのドローン利用者で、FAAはウェブサイトで12月21日から受け付けを開始した。2月19日から登録を義務化し、違反すれば最大2万7500ドルの民事制裁金を科す。悪質な場合には最大25万ドルの刑事罰則金と3年以下の懲役刑が適用される。登録内容は氏名、住所、機体番号など。申請年齢は13歳以上に限定した。この決定により、世界最大手・中国DJI社のカメラ搭載機「ファントム」シリーズをはじめ、屋外で飛ばす娯楽ドローンは軒並み規制される。昨年1月にドローンがホワイトハウスに侵入・墜落し、米政府は監視体制を強め ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。