セラーテム旧・現経営陣が株主と場外乱闘戦

2016年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

架空増資で中国企業を買収したかに装い、金融商品取引法違反(偽計)で有罪判決を受けたセラーテムテクノロジーと旧経営陣が、上場廃止から3年半を経てアクティビストファンドと場外乱闘戦を演じている。すっかり過去のものとなったセラーテム事件の概要と経過はこうだ。セラーテムが2009年に実施した第三者割当増資を中国系ファンドが引き受け、発行済み株式の過半を取得。セラーテムは増資で得た資金で中国の環境関連企業を買収したと発表し、株価は跳ね上がった。しかしこれらの動きの実相は、買収した環境関連企業による裏口上場と、それによる株価の吊り上げだったことが、本誌のスクープで明らかになった。その後、東京地検特捜部が旧経営陣を逮捕・起訴し、13年4月に執行猶予付きの有罪判決が下った。これを受けて、14年に一部の株主が監査役に対し、旧経営陣を提訴するよう要求。セラーテムは池 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。