「クロ現」国谷切るNHK風見鶏

土壇場で籾井会長を裏切った板野専務理事。官邸のご機嫌取りに励み、次は副会長の野心。

2016年2月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

本誌前号で籾井勝人NHK会長が子会社9社に350億円の土地を購入させようと“暴走”したと報じた直後、放送インフラ子会社、NHKアイテックの社員2人が架空工事で2億円着服したことが発覚した。またもや不祥事の連鎖に、首相官邸では「籾井辞任やむなし」と見て後任人事が動きだした。アイテックでは、2015年4月にも部長がカラ出張で諭旨退職になったばかり。今回は地上波デジタル関連の難視聴対策で09年から6年間、実体のない企業に500件以上、計4億円を発注しており、東京国税局の調査で2億円が架空と判明した。

調査委報告「もみ井(、)」消し

籾井会長は当初、NHK放送技術研究所所長だった久保田啓一アイテック社長、NHK本体の河内秀則関連事業局長、関連事業担当の井上樹彦理事の処分でトカゲの尻尾切りを考えていたが、それでは済まなくなったのは会長自ら設置した調査委員会の報告が「気に入らない」と発表せず、無視していたことが ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。