消えるスマホ「キャッシュバック」

通話料金下げはごく一部。むしろ販売適正化で「ゼロ円端末」が消え“高騰”するとは。

2016年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

年末商戦で異変が起きた。携帯電話販売店で2年近く鳴りを潜めていた「キャッシュバック」の文字が店頭ポスターに躍ったのだ。「家族4人で最大24万円還元!」などと煽り、乗り換えユーザーを奪い合う狂乱の販売合戦の復活である。あるMVNO(仮想移動体通信事業者)の関係者は「12月に入って複数回線をまとめて新規契約するケースが増えた」と明かす。MVNOで取得した電話番号(回線)を持って、大手キャリアの携帯電話を扱う販売店に駆け込み、MVNOから乗り換え、複数回線分のキャッシュバックと端末を手に入れるのだ。MVNOや大手キャリアの回線を即刻解約することになり、手数料や違約金が発生するが、それでも余りある現金が残る。おまけに新品のスマホが手元に残るので、未開封のまま中古買取店に持ち込めば高値で買い取ってくれる。ささやかな錬金術の復活だ。インターネットで手軽に手続き可能なMVNO ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。