損保ジャパン「介護首位」の衝撃波

メッセージを買収した損保ジャパンを追うパナソニック。「介護ローソン」も新機軸。

2016年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

この4月で介護保険制度のスタートから17年目を迎える。「介護の社会化」と「施設より在宅サービス」を目指したが、施設への需要が高まり、供給が追いつかない状態だ。その最中に、施設急拡大が裏目に出た介護業界3位のメッセージ。人手不足の上に職員の質の悪さが露呈し、創業者の橋本俊明医師は退陣に追い込まれ、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(損保ジャパン)に身売りするハメに陥った。損保ジャパンは、2012年に九州で2050室の有料老人ホームを持つシダー(北九州市)の株式34%を取得、昨年12月には外食大手ワタミの子会社「ワタミの介護」を買収したばかり。メッセージは看板を「SOMPOケアメッセージ」に掛け替えて再スタートする。高齢者住宅新聞の調べでは、損保ジャパンが傘下に収めた有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などの居室数を合計すると2万8107室となり、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。