難民に日本発「フィンテック財布」

もとはネットカフェ難民向け労務管理ソフトだが、本物の難民を救う「福音」になろうとは。

2016年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

懐かしや、ドイツのゲアハルト・シュレーダー前首相(71)が、読売新聞1月4日付朝刊のインタビューに登場した。本誌主催講演会(13年12月)から約2年遅れだが、欧州を悩ます難民問題について「受け入れは正しいが計画性を欠いた」と語っていた。パリのテロもあり東欧では「国境で追い返せ」と排外主義が強まって欧州連合(EU)の理想は風前の灯なのだ。そこに日本のベンチャー企業で労務管理ソフトの「キズナジャパン」が、難民のみならず、貧困層労働者を社会に溶け込ませ「貧困と格差を減らす」フィンテック(FinTech)システムを世界に広げようとしている。難民殺到に備えて英貿易投資総省などから早くもアプローチがあったという。

日払い派遣の身になって

キズナの創業者、高崎義一は、かつて落ちこぼれて神戸で飲食店を経営していたが、95年の阪神大震災を機に起業した。ネットカフェ難民を何とかできないかと勤怠、勤 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。